https://ramen8.com

レスポンシブ

スポンサード リンク

JR西八王子駅周辺のラーメン まぜそば・油そば

新店「中華麺ギョウ」780円@麺奉天下

投稿日:

<2021年99杯目>

今日は2021年1月18日にオープンした「麺奉天下」に行って来ました。

存在は知っていましたが、”中華まん”のテイクアウトのお店と思っていたので、スルーしていましたが・・・

お店の前を通ると、ラーメンの幟が!

これは食べに行ってみるしかないですね。

残念ながら専用の駐車場はありませんので、近くのコインPに車を停めて訪問です。

営業時間は、通常であれば11:00~23:00までですが、時短営業中なので、5月11日までは20:00閉店です。

店内は、奥に細長くカウンターのみ9席です。

入口のところに券売機が設置されていますが、まだメニューはセットされていません。

席に座ると、メニューを渡されます。

「ラーメン」780円と「中華麺ギョウ」980円の2種類です。

4月中は「ラーメン」が100円値引き、「中華麺ギョウ」は、200円値引きサービスです。

しかも「中華麺ギョウ」には、「トマト・玉子スープ」もサービスになるようです。

これは「中華麺ギョウ」で決まりですね!

ちなみに、サービスは”4月中”となっていますが、今後も何かしらのサービスは継続するそうです。

卓上調味料は、しょうゆ、お酢、コショウ、辣油、ピンク岩塩です。

しばらく待ってラーメンの着丼です。

器の中央に盛りつけられているのが、変わった形をしていますが麺です。

長さ10センチ弱で、細長い楕円形です。

北海道の最上級小麦粉「夢ちから」を使用しており、モチモチとした歯応えと、弾力が楽しめます。

確かに他では味わったことがない独特の麺です。

具は、肉ダレ、ニンジン、キュウリ、カニカマ、ネギ、が添えられています。

肉ダレが自慢の秘伝の極旨ダレだそうで、中華麺ギョウの味付けの軸となります。

ニンジンは”生”なのでカリカリです。お客さんから、固いとクレームがあったそうですが、この”生”の感じが良いんですけどね。

そういえば幼少の頃、貧しかった我が家では”生”のニンジンがおやつだったのをふと思い出しました。

まるまる一本をガリガリとかじってたなぁ・・・。

おかげさまで頑強に育つことが出来たと、今ではとても感謝をしています。

トマト・玉子スープは、既製品を温めているようなものではなく、注文後に作る出来立ての美味しいスープです。

お品書きには、”普通の中華料理屋さんではこのスープだけで数百円はかなると思います”と書かれていましたが、トマトの果肉も溶き卵もたっぷり入っていて、しっかりとした作りです。

メニューには4月中のサービスと書かれていますが、ご安心を!

店主に確認したら、今後も継続されるそうです。

(全体の構成的に、何かしらのスープでもついていないと厳しいと思います。)

今回は、お買い得な価格で頂けましたし、とても珍しい一品を頂けたので、とても満足出来ました。

お会計を済ませ帰ろうとすると、店主が「一番美味しいのは、エビチリ麺ギョウ!」とこともなげに言います。

その情報をこのタイミングで言いますか・・・

何だか「エビチリ麺ギョウ」を食べに再訪しないといけないような雰囲気。

満足度:★★★☆☆(3.5)

【店舗情報】
店名:麺奉天下(メンボウテンカ)
所在地:東京都八王子市千人町3-17-6 なかしん女子学生会館 1F
ジャンル:中華マン焼き/ラーメン/中華麺ギョウ
麺:「夢ちから」使用
最寄駅:西八王子駅
営業時間:
(通し営業)11:00~23:00
※ラストオーダー22:30
※土日祝は10:00オープン。
※令和3年4月12日~5月11日までは時短営業のため、20:00閉店
定休日:月曜日
オープン日:2021年1月18日
駐車場:なし
禁煙・喫煙:禁煙
座席数:9席(カウンターのみ)
備考:中国古代宮廷秘伝味で隠された逸品。個室あり。

レスポンシブ

スポンサード リンク

-JR西八王子駅周辺のラーメン, まぜそば・油そば
-

Copyright© 八王子のラーメンを食べ歩く会 , 2021 All Rights Reserved.