http://ramen8.com

レスポンシブ

スポンサード リンク

ガッツリ系ラーメン 八王子以外のラーメン

限定「シゲジン」×「麺でる相模原」890円@麺でる相模原【相模原市】

投稿日:

<2020年228杯目>

今日は八王子の「シゲジン」と相模原の「麺でる 相模原店」のコラボ限定ラーメンを食べに「麺でる 相模原店」に行って来ました。

初訪なので事前にお店のTwitterを確認してみましたが、店主・・・苦手なタイプかも。

そして、なぜか私の頭の中では「安田大サーカスのクロちゃん」で脳内再生されてしまいます。

お店に到着し店内に入ると、店主が「いらっしゃいませ~」と声を掛けてくれます。

・・・とても良い声。

”全然クロちゃんじゃないやないか~い!”と思わず心の中でニヤついてしまいました。

厨房では店主と店員さんの二人体制で切り盛りされていました。

プロフィールには”永遠のワンオペ営業”と謳っていたので、ちょっと見てはいけないものを見てしまったような気分です。

右側に券売機が設置されています。

限定の買い方が分かりませんでしたが、店主に聞くとお好きなラーメン券+限定100円券を買えばよいようです。

そして、またしても見てはいけないものを見てしまいました。

痛いのは嫌なので「辛い奴」50円を購入です。(笑)

カウンター越しに食券を渡すと、店主から思いがけない言葉が飛び出しました!

「シゲジンさんを尊敬しているので、辛い奴には応じられません!」

大事なところなので、もう一度繰り返しますね!

「シゲジンさんを尊敬しているので、辛い奴には応じられません!」

声のトーンは普通なのですが、こちらを見つめる店主の目を見ると、瞋恚の炎に燃えているように見えました。

その目は”俺の尊敬するシゲジンさんのラーメンを辛くしてしまうなんて許さん!”と語っている様に思えました。

思わず”散々シゲジンの激辛ラーメンを食べてますけど・・・”と反論しそうになりましたが、ここは我慢です。

店主と取っ組み合いのケンカになったら100%負ける自信があります。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、ラーメンの着丼です。

具は、チャーギュウ、マッシュポテト、ニンジンの酢漬け、もやし、キャベツ、ピンクペッパーが添えられています。

ピンクペッパーの目が付いていませんが、ちゃんとシゲッキーも再現されています♪

 

チャーギュウは、表面を炙ってあります。

炙ったことで、香ばしさと脂が溶けだしたことにより肉の旨味が増して、めちゃくちゃ美味しいです。

こんなに旨いならチャーギュウ増しにすればよかったとちょっと後悔しました。

スープは、野菜と牛肉をたっぷり入れて長時間煮込んだ自家製デミグラソースに出汁スープを加えた洋風テイストの濃厚スープです。

野菜のエキスや牛肉から旨味がたっぷりと溶け出していて、奥深いコクがあります。

その濃厚なスープを「麺でる」の力強い極太のゴワゴワの麺がしっかりと支えています。

ここまで上手く噛みあっているコラボも珍しいなと思うぐらい、スープと麺の相性が良くベストマッチしていました。

途中、マッシュポテトをスープに溶かしこんで、スープの濃度の変化を楽しんだりしながら頂きました。

かなりヘビーな一杯でしたが、スープまで飲み干して完食です。

食べ終わって帰ろうとすると、店主が「辛い奴に対応できなくてすみません。」と、先ほどとは打って変わってニッコリしながら言葉を掛けてくれました。

見掛けによらず、気配りの出来るとても優しい方のようです。

そして、何より”シゲジンを尊敬している”と聞いた初めての店主だったので、背筋がぞわ~っとするほど、ある意味感激しました。

面白いコラボをありがとう!

満足度:★★★★☆

【店舗情報】
店名:麺でる 相模原店
所在地:神奈川県相模原市中央区中央6-13-6
ジャンル:二郎インスパイア系
麺:自家製麺
最寄駅:JR相模線「上溝駅」
営業時間:
(昼の部)11:00~15:00
(夜の部)17:00~22:30
※売切れ次第終了
定休日:火曜
オープン日:2018年4月1日
駐車場:なし
禁煙・喫煙:禁煙
座席数:カウンターのみ8席
Twitter:https://twitter.com/menderu_sagami
備考:”当店のラーメンは一期一会”

レスポンシブ

スポンサード リンク

-ガッツリ系ラーメン, 八王子以外のラーメン
-

Copyright© 八王子のラーメンを食べ歩く会 , 2020 All Rights Reserved.