辛い小つけ麺

http://ramen8.com

レスポンシブ

スポンサード リンク

ジャンク系ラーメン つけ麺 八王子以外のラーメン 辛いラーメン

「辛い小つけ麺」950円+「のり」100円@麺屋 歩夢【相模原市】

更新日:

<2018年302杯目>

今日は相模原市淵野辺にあるG系のラーメンのお店「麺屋 歩夢」に行って来ました。

外観

おととい訪問したばかりですが2回目の訪問です。中毒性は半端ないです・・・。

暖簾

3連休の中日ということで警戒していましたが、意外にも先日より空いていてほぼ並ばずに店内に入ることが出来ました♪

券売機

先日は「辛い小ラーメン」を頂いたので、評判の良い”つけ味ラーメン”にするか、”辛いつけ麺”とどちらにするか迷いましたが、最終的に「辛い小つけ麺」950円に「トッピングのり」100円に決めました。

食券

ちなみに”つけ味ラーメン”は柑橘系のつけ麺味のラーメンで”つけ麺”の食券を買って、食券を渡す際に「つけ味で」等言えば提供してもらえると思います。

店内を見回して思うのはG系のラーメン店にしては、ファミリーや女性客も多いところ。店主も気さくな感じでお客さんに接しているところも人気の秘訣かもしれません。

さて、しばらく待ってラーメンの着丼です。今回もアブラのみ無料トッピングをお願いしました。

辛い小つけ麺

つけダレ・・・と言っても丼にラーメン一杯分ぐらいの量の野菜類、豚チャーシュー、トッピングのアブラが乗ります。

横から

麺もおそらく300gぐらいあってかなりのボリューム感です。トッピングの海苔が5枚添えられていますが、かなり上質なもの。

スープ

スープは豚のゲンコツ、背脂、等を強火で炊き上げているそうで、しっかりと豚の旨味が感じられます。そこに柑橘系の酸味とラー油の辛味が合わさってなんとも言えない複雑な味わいを作り出しています。前回の辛さ増しと比較して分かったことは、歩夢の辛いラーメンはデフォでもラー油がかなり多いということ。

アブラも良いですね!背脂を醤油などで味付けされていて、スープに違和感なく馴染んでいきます♪

チャーシュー チャーシュー

豚バラチャーシューは、今回は中央の部分が2枚。いずれも厚みが1.5~2センチほどの厚みがあり食べごたえ十分です。程よい柔らかさとジューシーな脂身の入り方が素晴らしく、ハイレベルなチャーシューを堪能できました。

麺上げ

麺は、自家製の平打極太麺でインパクトがあります。オーションを使用しており、小麦のギュッと詰まったようなワシワシっとした力強い食感を楽しめます!

「辛い小つけ麺」は見た目ほど辛さもなく、柑橘系のサッパリした酸味も加わるので、夏場とかには大変重宝しそうな一品かなと感じました。

完食

とても美味しかったのですが、流石に今回はスープは残しました。

満足度:★★★★☆

【店舗情報】
店名:麺屋 歩夢(アユム)
所在地:神奈川県相模原市中央区淵野辺本町3-29-13
ジャンル:二郎系インスパイア
麺:自家製麺
最寄駅:横浜線淵野辺駅
営業時間:
(昼の部)11:00~15:00
(夜の部)17:00~21:00
※日曜日は11:00~15:00
定休日:月曜日
オープン日:2018年4月15日
駐車場:あり(店舗脇に7台)
禁煙・喫煙:禁煙
座席数:18席(L字10、4人掛けテーブル×2)
Twitter:https://twitter.com/menya_ayumu
備考:豚星。で働いていた方のお店。無料トッピング:ニンニク、野菜、アブラ、カラメ。外待ち発生時は先に食券を購入してから並びに接続。

レスポンシブ

スポンサード リンク

-ジャンク系ラーメン, つけ麺, 八王子以外のラーメン, 辛いラーメン
-

Copyright© 八王子のラーメンを食べ歩く会 , 2018 All Rights Reserved.