https://ramen8.com

レスポンシブ

スポンサード リンク

八王子以外のラーメン

「渡蟹鬼濁りゼロ」1200円@元祖一条流がんこラーメン たま館分店【立川市】

投稿日:

<2022年177杯目>

今日は立川の”たま館”にある「元祖一条流がんこラーメン たま館分店」に行って来ました。

オープン以来2回目の訪問です。

券売機を確認しても、未だ仕組みが良く分かりません・・・

”悪魔””ゼロ”・・・何?って感じです。

店員さんに訊いてみると、まずスープが”清湯””濁り”の2種類あるそうです。

”清湯”の方は1週間に1度程度、”濁り”の方は、ほぼ日替わりで、変更になるそうです。

つまり、毎日限定ラーメンを提供しているような感じでしょうか。

ちなみに、券売機の「青枠」で囲んであるボタンが、”濁り”のラーメンです。

よく分からないながらも、「青枠」にある”悪魔”の食券を購入。

食券を渡すと、「しょっぱいですが大丈夫ですか?」と店員さん。

「大丈夫です。」と答えると、「食べたことありますか?」とさらに訊いて来たので、「ないです。」と答えると、「では、今回は”ゼロ”で出しますね。」とのこと。

だから、”ゼロ”って何?って話なのですが、醤油ダレが極少量とのこと。

ちなみに、”悪魔”は、醤油ダレがレンゲで6杯分入るそうです。

(そんなの食べたら死んじゃう・・・)

さて、しばらく待ってラーメンの着丼です。

具は、バラロール、バラ肉、味玉、穂先メンマ、ネギ、鰹節、青唐辛子、です。

味付のバラ肉は、しょっぱい味付けです。

これをおかずにしたら、ご飯が何杯でも食べれそうです。

スープは、文字通り濁っており、渡蟹の風味がします。

ただ、”ゼロ”ということで、コク、塩気、がほとんどありません。

蟹の風味を感じるには良いのかもしれませんが、軟弱感が否めません。

そんなわけで、醤油ダレの入ったボトルの登場です!

レンゲに、1杯、2杯、・・・と足していきます。

私的には、3~4杯程度が最適なしょっぱさかなと思いました。

たぶん、6杯も入れたら、相当しょっぱくなると思います。

もっとも、店員さんの話では、この”悪魔”的しょっぱさを求めて来るお客さんが多いそうです。

これ以上は・・・もういいかな。

満足度:★★★★☆

【店舗情報】
店名:元祖一条流がんこラーメン たま館分店
所在地:東京都立川市錦町1-2-16 立川アーバンホテル 立川
ジャンル:一条流ラーメン
麺:サッポロめんフーズ
最寄駅:JR中央線立川駅
営業時間:
(通し営業)11:00~20:00
定休日:なし
オープン日:2021年10月2日
駐車場:なし
禁煙・喫煙:禁煙
座席数:カウンターのみ8席
Twitter:https://twitter.com/gankotachikawab
備考:元祖一条流がんこ総本家相模原分店で働いていた方のお店。”今日もまた咲くか咲かぬか我がスープ 咲かせてみようがんこ花”

レスポンシブ

スポンサード リンク

-八王子以外のラーメン
-

Copyright© 八王子のラーメンを食べ歩く会 , 2022 All Rights Reserved.