https://ramen8.com

レスポンシブ

スポンサード リンク

八王子以外のラーメン 醤油ラーメン

新店「地鶏中華そば」500円+「ねぎしか丼」200円@地鶏中華そば ねぎしか【相模原市】

投稿日:

<2021年244杯目>

今日はフォロワーさんからオープン情報を頂いた「地鶏中華そば ねぎしか」に行って来ました。

場所は相模原市で、JR横浜線橋本駅から徒歩5分程度のところにあります。

橋本なら八王子から電車で10分程度で着くので、昼休み時間に何とか行けそうです♪

ちなみに専用駐車場はありませんので、お車で訪問される場合は、近くのコインPを利用する必要があります。

お店に着くと、店頭にはお祝いのお花が並んでおりました。

営業時間は、昼のみ11:30~15:00まで。

※ラストオーダーは、14:30。

夜は、17時から焼き鳥店「焼き鳥 すず喜」となります。2毛作のお店です。

メニューは店頭に提示されています。

<メインメニュー>

・地鶏中華そば 880円
・味玉地鶏中華そば 980円
・チャーシュー地鶏中華そば 980円
・特製地鶏中華そば 1,080円

<トッピング>

・チャーシュー、味玉、炙り地鶏皮、穂先メンマ・・・各100円
・実山椒、生胡椒、青葱、玉ねぎ・・・50円

<ご飯物>

・ねぎしか丼 200円
・ねぎ玉丼 280円
・ねぎチャーシュー丼 280円
・白ご飯 150円

<お飲み物>

・生ビール 350円
・瓶ビール 600円
・ハイボール 350円

トッピングの「炙り地鶏皮」が、焼き鶏屋さんっぽいですね。

店内は、カウンター席とテーブル席があります。

オープン当日ということもあり、とても綺麗な店内です。

券売機は、入口はいって右側に設置されています。

お金を入れようとしても反応しないので、訊くと、先にメニューを選択してから、お会計になるそうです。

何と・・・本日オープン特別価格ということで、「地鶏中華そば」880円→500円です!

店名からみて”ねぎ”にこだわりがあるようなので、合わせて「ねぎしか丼」200円も注文しました。

卓上調味料は、胡椒が置いてあります。

割り箸、レンゲ、お手拭き、楊枝、は、テーブル下の引き出しに収納されています。

しばらく待ってラーメンの着丼です。

具は、チャーシュー、穂先メンマ、海苔、青葱、刻み玉ネギ、です。

提供の際に「実山椒をスープに浸してお召し上がりください。」とお声掛けくださいます。

良く見ると、小さい「実山椒」の粒が添えてありました♪

スープは、鹿児島県の地鶏「黒さつま鶏」の丸鶏と胴ガラを大量に使用し、沸騰寸前の温度でじっくり煮だしているそうです。

タレは、和歌山県の白醤油、愛知県の溜り醤油、福岡県のもろみ醤油をブレンドして合わせているとの事。

透明感のあるスッキリした口当たりですが、地鶏のもつ旨味を最大限に引き出しており、何とも言えない美味しさです。

麺は、三河屋製麺です。

細ストレート麺で、持ちあがりはとてもしなやかです。

スープを絡めて啜ってみると、芯の部分にサクサクとした小気味のよい食感も残っています。

実山椒をスープに浸すと、それだけでも爽やかな山椒の風味が香ります。

もちろん、実をそのまま口に含めば、目の醒めるような清涼感!

とても面白いアクセントになっています。

「ねぎしか丼」は、葱に香ばしさがあって、そのまま食べても美味しいです。

もちろん、スープを掛けても、相性抜群で美味しいです。

完成度が高いので、何となく経歴を訊いてみたら、今年、国分寺に移転オープンした「麺食堂 くにを」とご縁があるらしく、研修などで指導を受けたそうです。

なるほど、美味しいはずです♪

満足度:★★★★☆

【店舗情報】
店名:地鶏中華そば ねぎしか
所在地:神奈川県相模原市緑区橋本3ー19ー4DESART BLD1階
ジャンル:中華そば/夜は焼き鳥店
麺:三河屋製麺
最寄駅:JR横浜線橋本駅
営業時間:
(昼のみ)11:30~15:00
※ラストオーダーは14:30
※夜は焼き鳥店(17:00~)
定休日:月.火
※11月以降は定休日を減らしていく意向
オープン日:2021年10月13日
駐車場:なし
禁煙・喫煙:禁煙
座席数:24席(カウンター12席、4人掛テーブル×3脚)
Instagram:https://www.instagram.com/negishika_hashimoto/
備考:国分寺の「麺食堂 くにを」とご縁が合って、店員さんがラーメンの研修を受けた。

レスポンシブ

スポンサード リンク

-八王子以外のラーメン, 醤油ラーメン
-

Copyright© 八王子のラーメンを食べ歩く会 , 2021 All Rights Reserved.