八王子のラーメンを食べ歩く会

レスポンシブ

スポンサード リンク

まぜそば・油そば 二郎系ラーメン 多摩モノレール大塚・帝京大学駅周辺のラーメン

「麺でる まぜ麺」800円@麺でる 帝京大塚店

投稿日:

<2017年97杯目>

今日は2017年4月15日(土)に閉店されるという「麺でる 帝京大塚店」に行って来ました。

お店の数メートル先に多摩市の看板が見えるので、八王子市最南東のラーメン屋さんといっても差し支えないでしょう。

今回のお目当ては「真紅ラーメン」です。
「麺でる」は八王子では南大沢にもありますが、この「真紅ラーメン」はこちらのお店にしか無かったはずなので、これは食べておかなければというわけです。

専用駐車場はありませんが、お店の先10mぐらい行ったところにコインパーキングがあります・・・と思っていたら「帝京大学教職員専用駐車場」に変わっていました!
去年の11月6日に訪問した際は、まだコインパーキングだったので比較的最近変わったのでしょう。閉店の理由は分かりませんが、ひょっとしたらこの辺の事情も影響したのでしょうか・・・。

仕方がないので、Uターンして200mぐらい離れた場所にある有料パーキングに停めて時間が無いので走って訪問です。ただでさえ、勤務中の訪問では厳しい立地なのにこのタイムロスは非常に辛いです。

 

お店の前には「ラー油劇場 真紅」のPOPがデカデカと貼られていて”地球はラー油で出来ている”という名言というか迷言が記されています。何だかワクワクしますね!

お店の入口には残念ですが閉店の告知が貼られており、店内のいたるところにも貼られていました。

店内に入り券売機を見るとなんと、決め打ちで食べようと思っていた「真紅ラーメン」関係のボタンすべてに”売り切れ”表示が・・・。もう、何というか卒倒寸前です。

あやうく失神しかけましたが、かろうじて意識を取り戻し「麺でる まぜ麺」800円を注文です。

ちなみに、こちらのお店は学生サービスが充実しており食券といっしょに学生証を提示すると「味玉」か「麺増し100g」がサービスになるという学生贔屓のお店です。

店内はカウンター席のみ9席で、お水は奥に給水器が置いてありセルフです。

卓上調味料は、ブラックペッパー、ホワイトペッパー、カエンペッパー、山椒、お酢、ラー油、カエシです。
カエンペッパーと山椒が置いてあるのは辛いの好きな人にとっては嬉しいですね。

こちらのお店では食券を渡すときに無料トッピングのコールを行います。
ヤサイマシ(キャベツ&もやし増量)、ニンニク、アブラ、カラメ、魚粉、玉ねぎ、辛あげ(辛い天かす)など。
今回は辛あげ(辛い天かす)でお願いしました。

しばらく待って着丼です。

見た目はG系にしては思ったより平凡に感じます。

横から見てみると、盛られている感じはぜんぜんしないですね。
これなら「ヤサイマシ」にしても良かったかなと思いました。

今日は辛いラーメンに思いを巡らしながら車を走らせてきたので、そう簡単に頭が切り替わるはずもなく、卓上のカエンペッパーや山椒を振りかけながら自分で辛さ増しにして頂きました。

G系にしてはスープもあっさりしていてシャバシャバした感じで、インパクトには欠けますが、逆に言えば普通の人でも食べやすいラーメンとも言えます。

麺はかなり太く縮れの入ったゴワゴワした食感で、個人的には結構好きです。
ただ、こちらも麺量250gなので、デフォだとボリュームにおいても普通のラーメンとあまり変わりません。

スープが下の方に溜まっているので全体をかき混ぜながらあっという間に完食です。

ちなみに「真紅 ラーメン」はたまたま材料を切らしていたみたいで、今日の夜からはちゃんと提供できるとおっしゃいっていました。

果たして閉店の15日までに「真紅 ラーメン」を食べるチャンスはあるだろうか・・・。

満足度:★★★☆☆

【店舗情報】
店名:麺でる 帝京大塚店
所在地:東京都八王子市大塚476-4 1F
ジャンル:二郎インスパイア
麺:自家製(極太平打縮れ麺)
最寄駅:多摩モノレール(大塚・帝京大学駅)
営業時間:
(昼の部)11:20~14:30
(夜の部)16:20~22:00
定休日:日曜日
オープン日:2012年2月10日
駐車場:なし
禁煙・喫煙:完全禁煙
座席数:9席(カウンターのみ)
備考:他店にはない「真紅ラーメン」と「味噌ラーメン」があります

レスポンシブ

スポンサード リンク

-まぜそば・油そば, 二郎系ラーメン, 多摩モノレール大塚・帝京大学駅周辺のラーメン
-,

Copyright© 八王子のラーメンを食べ歩く会 , 2017 AllRights Reserved.