レスポンシブ

スポンサード リンク

未分類

「特製らぁ麺(醤油)」1100円@麺屋 さくら井【武蔵野市】

更新日:

<2020年276杯目>

今日は気になっていたお店、武蔵野市にある「麺屋 さくら井」に行って来ました。

聞くところでは50人程度の行列がざらだというのだから、並ぶのが苦手な私は戦々恐々です。

八王子からだと中央線で三鷹駅を降り、10分から15分ぐらい歩きます。

歩いていくと住宅街の一角に見えてきました。人だかりです!

ざっと見で20人程度の行列です。今日は比較的並びが少ないようでラッキーでした。

並んでいると、中から店員さんが出て来ては、順番に食券を買うように促されます。

初訪なので、お店のオススメという「特製らぁ麺(醤油)」1100円を購入。

ちなみに、現在コロナの影響で昼営業(11:30~15:00)のみの時短営業です。

順番が来て、店員さんの指示に従い店内に入ります。

厨房の中を見ると、どこか見覚えのある人が・・・

今年八王子で新店をオープンさせてTRYも受賞し、ノリに乗っている「麺笑巧真」の店主が助っ人に入っていました!

偶然が重なり何か得した気分です。しかし、若いとはいえ、そんなに働き詰めで大丈夫なのかい?

卓上調味料はブラックペッパーのみ。

卓上に置いてあったお品書きを読んでいると、程なくしてラーメンが運ばれてきました。

具は、チャーシュー、メンマ、海苔、小松菜、ネギ、味玉です。

特製になると、チャーシューが2枚、味玉、のり1枚が追加になります。

さくら井はチャーシューが美味しいと聞いていましたが、確かに見るからに美味しそう。

 

豚の肩ロースと鶏の胸肉の2種類が乗っています。

とりわけ鶏チャーシューは肉の繊維質が分からなくなるほど柔らかく、噛むとサクっとした歯応え。下味のつけ方も絶妙で美味。

豚肩ロースは鶏とは異なり、肉の歯応えはしっかり目で、噛むと肉の旨味が溢れ出てジューシーさを損なわず、肉本来の食感が活かされています。

なるほど、これは人気が出るのも頷けます。

 

スープは、名古屋コーチンのガラ・大山鶏の丸鶏、本枯節や北海道産真昆布などの食材から旨味を出しています。

さらに、醤油ダレは愛媛の濃口醤油や和歌山の生揚げ醤油等、厳選した6種類の醤油を温度管理しながらブレンドしています。

拘りの食材が持つ旨味が丼の中で一つに溶けあい、玄妙な味わい。優しい衝撃!

麺は、細麺ストレートです。やや粉っぽさが残っていましたが、コシ、のど越し、スープとの絡みとバランスよく、啜る度に幸福感に満たしてくれます。

作り手の拘りと優しさが溢れる心地よい一杯です。

八王子からだと時間もかかりますし、長い時間を並ばないといけませんが、機会があったらまた食べに行きたいと思えるお店でした。

満足度:★★★★☆(4.5)

【店舗情報】
店名:麺屋 さくら井
所在地:東京都武蔵野市西久保2ー15ー27
ジャンル:醤油、塩、煮干し
麺:三河屋製麺
※醤油・塩、煮干しで異なる2種類の麺を使い分けている。
最寄駅:JR中央線三鷹駅
営業時間:
(昼の部)11:30~15:00
※コロナの影響で時短営業(2020年11月現在)
定休日:水曜日
オープン日:2016年11月17日
駐車場:なし
禁煙・喫煙:禁煙
座席数:カウンターのみ9席
HP:http://www.io-sacra.com/MenyaSakurai.html
Twitter:https://twitter.com/menya_s
備考:無化調。行列必至。

レスポンシブ

スポンサード リンク

-未分類
-

Copyright© 八王子のラーメンを食べ歩く会 , 2021 All Rights Reserved.