http://ramen8.com

レスポンシブ

スポンサード リンク

JR八王子駅(北口)周辺のラーメン 味噌ラーメン 限定ラーメン

限定「シビカラ角煮味噌らーめん」950円+「ライス」100円@休日大人カフェ平日時々らーめん

投稿日:

<2020年57杯目>

今日は先月の26日にオープンしたばかりの「休日大人カフェ平日時々らーめん」に行って来ました。

ラーメンの提供は当初は平日に不定期開催とアナウンスされていましたが、平日の水曜日が営業日と固定されました。

また、営業時間が11時スタートから11時30分スタートへと変更されています。

メニューは定まって居ませんが、今のところ「シビカラ」→「角煮味噌」→「シビカラ角煮味噌」→「シビカラ角煮味噌」と続いています。

「休日大人カフェ平日時々らーめん」では、キャッシュレスのみの支払になります。始めに店内奥にあるカウンターでお会計を済ませます。

メニューは「シビカラ角煮味噌」のみなので、あとはライスの有無と辛さ調節のみ選択できます。

辛さ調節を訊くと、”辛さ抜き”、”控えめ””普通””ちょい辛”の4種類。MAXで”ちょい辛”というのが残念です。

初日には+100円で”鬼シビ”というのがあったんですけどね。無くなっていました・・・。

お会計を済ますと番号札を渡されるので、呼ばれたら取りに行くシステムです。

ちなみに、番号を見て分かる通り、私以外にお客さんは居りませんでした。人通りはなく、コロナの影響で外出も控えられていて、もろに影響が出て居ます。不可抗力ですがオープンのタイミングは悪かったとしか言いようがありません。

もっとも、週一の営業、かつ、限定20食という食数からも分かるように、ここで儲けようというよりもは、小川グループ社長の道楽・・・じゃなかったラーメン研究所としての機能がこちらの店舗の実態ではあります。

席に着いて待っていると、またしてもハンドタオルを下さいました♪
(お客さんが来なくて、相当余っているのだろうか。)

程なくして番号を呼ばれたので、ラーメンを取りに行きます。

カウンター上で、お好みに応じてパクチー、唐辛子などを加えることが出来ます。

具は、角煮、もやし、キクラゲ、鷹の爪の輪切り、ネギが少々、それにセルフトッピングのパクチーです。

初日との違いは、チャーシューが角煮へを変貌を遂げたことと、キクラゲが加わったことです。

着実に社長自らベンチマークと語っていた”鬼金棒”へと近づいて来ています♪

 

スープは、さらりとしていますが味噌の味わいがクッキリとしていて分かりやすく、コクもあり美味しいです。

シビカラは”ちょい増し”にしてもらいましたが、やはりパンチは弱く、さらにその上のシビカラレベルが是非とも欲しいところです。

さらに、社長が今までで一番出来が良いとおっしゃっていた角煮は、柔らかく、しかし、ホロホロと崩れてしまうような柔らかさではなく、しっかりと肉の歯ごたえと旨味を感じられる出来で確かに旨かったです。

この角煮はライスを合わせて食べたいなと思ったので、少しだけご飯に取り分け、スープを加えて頂きました。

シビカラ味噌スープと角煮ご飯、相性良くめちゃくちゃ美味しかったです♪

シビカラ党としては、しばらくこの路線を続けて頂いて、シビカラを極めてほしいなと願います。

要望は色々とありましたが、とりあえず、”鬼シビ”を復活させていただきたいところです。

満足度:★★★☆☆(3.5)

【店舗情報】
店名:休日大人カフェ平日時々らーめん
所在地:東京都八王子市本町20-17
ジャンル:不確定(毎回違うラーメンが出ます)
麺:自家製麺
最寄駅:JR八王子駅北口
営業時間:
(昼の部のみ)11時30分~14時
※スープ無くなり次第終了
営業日:平日の水曜日
オープン日:2020年2月26日
駐車場:なし(店舗前にコインPあり)
禁煙・喫煙:禁煙
座席数:12席(6人掛け×1、2人掛け×3)
Instagram:https://www.instagram.com/kyujitsu.otonacafe/
※2Fに24席ほどありますが、ラーメン時は開放しない。
備考:入店後にカウンターで先会計(キャッシュレス(カード、電子マネー)オンリーで現金は使えません。)。渡された番号札の番号を呼ばれたらカウンターに取りに行きます。食器は返却口へ。

レスポンシブ

スポンサード リンク

-JR八王子駅(北口)周辺のラーメン, 味噌ラーメン, 限定ラーメン
-

Copyright© 八王子のラーメンを食べ歩く会 , 2020 All Rights Reserved.