つけ麺 八王子以外のラーメン

限定「灼熱つけ麺(極限)」900円+「灼熱唐揚げ(3個)」360円@三田製麺所 国分寺並木店【国分寺市】

更新日:

<2019年247杯目>

今日はフォロワーさんが食べていて気になっていた限定「灼熱つけ麺」を食べに「三田製麺所 国分寺並木店」に行ってきました。

せっかくなので八王子の辛党三銃士で訪問です。

今回の限定「灼熱つけ麺」は元・世界一辛い唐辛子「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」を使用しています。

辛さは”1辛・2辛・3辛・極限”から選べます。

もちろん”極限”をチョイス!

麺は、”あつもり・冷もり”から選べ、麺量も”並320g・中450g・大580g”から同料金で選べます!

ちなみに、私は並320gを選びましたが、茹で上がり後のg数っぽくて、やや少なめに感じました。中450gの量が、調度良さそうです。

その他、気になった「灼熱唐揚げ(3個)」360円と「カルピス」100円を注文してスタンバイOKです♪

面白かったのが、注意書きにあった”①海苔の上の粉末は激辛スパイスです。魚粉ではございませんのでご注意ください。”

「灼熱つけ麺」を注文する輩で、唐辛子と魚粉を間違う人など居ないでしょう!?(笑)

さて、しばらく待ってラーメンの着丼です。

麺の上には何も乗っていません。極めてシンプル。つけダレの方には、中にサイコロ状のチャーシュー、海苔、薬味のネギ、海苔の上には唐辛子の粉末が盛られています。

 

スープは、濃厚な豚骨魚介スープがベースで、そこに辛さが加わっています。

最初はそれほど辛さを感じませんでしたが、途中から結構な辛さが出て来ました!

結構辛いのですが、豚骨魚介スープの旨味もしっかり感じられるので美味しく食べられます♪

正直なところあまり期待しておりませんでしたが、辛さもあり旨味もあり、全体的なバランスはとても良かったです。

320gの麺は、思ったより少なく感じるほどであっという間に無くなってしまいました。

スープ割りは、卓上にポットが置いてあるので、それでスープ割りします。

辛さも緩和されてススッと飲めてしまいます♪

「灼熱つけ麺」の辛さが分からなくなると行けないと思って最後に残しておいた「灼熱唐揚げ」は、特製のラー油が掛けてありスパイシーです。

舌がマヒしているのか「灼熱唐揚げ」というよりもは「甘辛揚げ」でした。(笑)

灼熱祭りは、期間限定
2019年7月3日水から8月31日(土)まで。

満足度:★★★★☆

【店舗情報】
店名:つけ麺専門店 三田製麺所 国分寺並木店
所在地:東京都国分寺市北町1-7-5
ジャンル:つけ麺専門店
麺:特製極太麺
最寄駅:西武国分寺駅鷹の台駅
営業時間:
(通し営業)11:00~23:30(L.O.23:00)
定休日:なし
オープン日:2011年2月15日
駐車場:あり(24台)
禁煙・喫煙:禁煙
座席数:カウンター 12席/テーブル 36席
公式HP:https://mita-seimen.com/
備考:資本系。季節限定メニューの展開。

-つけ麺, 八王子以外のラーメン
-

Copyright© 八王子のラーメンを食べ歩く会 , 2019 All Rights Reserved.